【100均花札】簡単かわいい!和風な花札豆本の作り方

スポンサーリンク
100均
スポンサーリンク

こんにちは!

ハンドメイドが趣味のなゆです☆

今回も前回に引き続き、使わなくなった花札で豆本を作ってみました!

前回の投稿はこちら

>【100均花札】初心者にもおすすめ!おしゃれな猪鹿蝶ピアスの作り方

使わなくなった花札を捨てる前に、一度活用してみてはいかがでしょうか?

材料さえ揃えば簡単に作れますので、ぜひお試しください♪

スポンサーリンク

花札とは

花札(はなふだ)は、日本のかるたの一種。「花かるた」とも呼ばれた。今では一般に花札といえば八八花のことで、一組48枚に、12か月折々の花が4枚ずつに書き込まれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/花札

48という枚数は、一組48枚だったころのポルトガルのトランプが伝来した名残である。2人で遊ぶこいこい、3人で遊ぶ花合わせ、という遊び方が一般的である他、愛好家の中では八八という遊び方に人気がある。同じ遊び方でも地域によってルールが異なったり、地域独特の遊び方も存在したりするほか、海外にも伝播している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/花札

それでは、使用する材料と道具を見てみましょう♪

材料

花札

(以前、セリアで購入しました)

千代紙(セリア)

中のページに使用するため、好きな柄を用意して下さい♪

無地が良い方は、コピー用紙でも大丈夫です☆

道具

ペーパーカッター

なければ、カッターやハサミでも大丈夫です☆

ペーパーカッターは、紙がスパッと直線に切れて見栄えがいいので、よく使ってます♪

テープのり

なければ、スティックのりや液体のりでも大丈夫です!

テープのりは塗った後、シワにならないので愛用しています☆

それでは、作り方をご紹介します♪

作り方

1.千代紙5cm×15cmに切ります。

折り紙のサイズが15cm×15cmなので丁度3等分になりました!

2.切った千代紙3枚を3cmずつ、山折り谷折りと交互に折ります。

3.裏返して、右端の面テープのりを付けます。

4.表に返して、折った別の千代紙と繋げます。

もう一枚も同様に繋げます。

※ここで、繋ぐ枚数を増やすと中身のページが増えます!

5.表紙となる花札好きな絵柄を選びます。

今回は桜にしてみました♪

6.先程繋げた千代紙を裏返し、端の面テープのりを付けます。

7.表紙となる花札を裏返し、千代紙を貼ります。

中央を意識して貼ります!

8.貼った方とは反対の端の面に、テープのりを付けます。

9.先程テープのりを付けた面を、背表紙となる花札の裏面に貼り付けます。

こちらも中央を意識してください!

10.完成です♪

コピー用紙でも作ってみました!

さいごに

いかがでしたでしょうか!

今回も、百均の花札を使った、和風な豆本の作り方をご紹介しました。

写真やシールを貼って、ミニアルバムにしても可愛いですね!

ぜひ、趣味の時間に作ってみてください♡

豆本作りに興味がある方は、こちらの本がおすすめです♪

良かったら、シェアもお願いします♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました